子育て愚痴会

メイン画像

子育て愚痴事例

主人も多忙でなかなか育児に参加できず誰にも相談できませんでした

娘が生まれた当時、息子は1歳9ヶ月。イヤイヤも始まり、泣いて怒ってひっくり返る毎日。

慣れないお兄ちゃん生活に不安なんだなと、上の子を優先してだっこも遊びもお世話もしてました。

娘も産まれて半年を過ぎた頃。息子は相変わらず癇癪が酷く、とにかく歩かない!ベビーカーも嫌がり抱っこじゃないと地面に寝転がるか手を振り切り車道へ飛び出そうとすることも。来年から幼稚園もあるし集団生活にも慣れさせなきゃとプレや児童館に連れていくものの、皆が紙芝居を見てても、お絵描きしてても息子だけ脱走。こんな苦労して連れて歩いてるのに私はイライラするだけ、息子も嫌な気分になるし悪循環。何も伝わってない!と、毎日息子にイライラしてました。親に相談しても「あなたのときはそんなんじゃなかった」と言われ、一時保育に預けてリフレッシュしたくても満員。主人も多忙でなかなか育児に参加できず誰にも相談できませんでした。

そんな中、保健センターにて娘の集団検診のお知らせ。

保健師さんが沢山いる!話を聞いてもらえる!と、凄く楽しみにしていました。そして、当日。まず体重測定のためオムツ1枚に脱がせてると息子が脱走。待って!と言ってももちろん聞きません。

冬の検診だったので、荷物も多いし、オムツ1枚の娘を抱きながら走るのは大変で、近くの保健師さんに「上の子が逃げたので荷物だけでも見ていてくれませんか?」と聞くと、「ちょっと忙しいから~」と一言。しょうがなく、荷物をまとめ息子を追いかけましたが先程のやり取りの間に息子はセンターの外に行き他のお母さんに捕まり、保健師さんに預けれてました。裸の娘を連れて息子のそばにいくと「お母さん!何してんの~?!こんな小さい子目を離しちゃダメでしょ」と言われ、途中何人も保健師さんがいたのに誰も走る息子に気づかなかったのだろうか?と不審に思いながら戻ると違う保健師さんに「あなた、もう診察の順番きてますよ!順番があるんだから勝手にいなくなると困るんです。」とここでも怒られ、私の中で何かがプツンと切れ、今日どんな思いをして来たか、ここに着いてからの保健師さんの対応をその場で大声で言ってしまいました。その場の空気は凍り、相談員さんが現れ「落ち着いてください。娘さんの検診が終わったらお話はゆっくり聞きますよ」と言われましたが、最後まであの保健師たちは謝ることなく業務に戻りました。

女性/埼玉県

TOP